関西道場の垣尾先生にお誘い頂き、関西講習会に出席すべく茨城を朝6時半に出ました。出端をくじかれるように、常磐道が大事故で通行止め、一般道におりるも皆同じなので下道が大渋滞。茨城から出るのに2時間、千葉柏ICまで1時間かかりました。そのため、首都高も混む時間帯に直撃し、東名で20キロの渋滞に引っかかり大阪に到着が16時になりました。自主稽古はおろか研修稽古の時間にも間に合わず、飲み会・懇親会からの参加となりました。
 懇親会では、鍋島道場の石井先生、浜松道場の杉浦先生、滋賀道場の岡本先生にご挨拶しました。また、電通大の学生、各道場の方と技術論・昔話を交わしました。ホテルに帰ったら先生方と飲み明かす予定でしたが、ベットに横たわったら失神するように寝てしまいました(笑
 2日目の稽古は一ヶ条の理合を掘り下げて解説頂きました。私も千田先生の言わんとするところを少しでも持ち帰ろうと説明に聞き入っていました。電通大の学生と組むときは出来るだけ彼らに仕手をやってもらい、千田先生からの貴重な指導を受けてもらうようにしました。
 休み時間や研修稽古後の時間に他の道場の方へ挨拶回りをしたり、電通大の学生にちょっとした技術指導をしたりとすべてが濃い時間でした。学生たちが来年の講習会までにどれだけ成長するのか楽しみで、また会いたいと感じました。年が近い道場長だったせいか、いろいろなことを話せたと思います。ぜひ関東に来ることがあれば、茨城の皇龍会に出稽古に来てほしいですね。

 来年は浜松講習会(浜松道場)・佐賀講習会(鍋島道場)にも参加しようと思っています。
スポンサーサイト

  1. 稽古内容
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する