初心者
 ・ 構え(左右3分)
 ・ 前方回転受身(2往復)
 ・ 後方受け身(50回、1往復)
 ・ 膝行法
 ・ 正面打ち三カ条抑え(一)(二)
 ・ 片手持ち四方投げ(一)(二)
 ・ 正面打ち三ヶ条投げ

正面打ち三ヶ条抑え(二)の簡単な説明
① 受けが正面を打ってくるので、一ヶ条と同様に受ける
② 構えの歩幅を維持したまま、160度回転し受けの肘肩を返す
③ 受けの指を持ち、腕が弓形になるように手のひらを返す
  (受けの手のひらが自分の鼻の前にあるようにする)
④ 受けの手首を持ち、90度回転し、三ヶ条を締める
  (自分の腕をしっかりのばす)
⑤ 自分の腕から力を抜き、腕が太ももに触るくらいまで落とす
   同時に、足を弓なりに引き、当て身を顔面に入れる
⑥ 受けの腕の方向に後方し、向きを変えしゃがむ
⑦ 受けを潰したら、受けの手の甲をもう一方の腕に持ちかえ肩に当て、腰を切り抑える

正面打ち三ヶ条抑え(二)の動きは難しいです
でも、ここを乗り越えないと他の三ヶ条の動きも出来なくなります
何度も練習して出来るようになりましょう
月光流の伊東先生のyoutubeも下にありますので、活用してください

スポンサーサイト

  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

代表

Author:代表
龍ヶ崎市の柔道場で合気道の稽古をしています。稽古内容を記録し、稽古予定を連絡します。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30