皇龍会設立より10か月、初めての稽古納めです。今年の稽古の総まとめですので、基本に忠実に。

全員
 ・ 前進、斜行、回転運動
 ・ 前方回転受け身、飛躍受け身、後方受け身、後方回転受け身
 ・ 構え
 ・ 臂力の養成(一)(二)
 ・ 呼吸力の養成(ガチ稽古)
 ・ 正面打ち一カ条抑え(一)(二)
 ・ 片手持ち四方投げ(一)(二)
 ・ 片手持ち二ヶ条抑え(一)(二)
 ・ 正面打ち三カ条抑え(一)(二)
 ・ 横面打ち正面入り身投げ(二)
 ・ 片手持ち側面入り身投げ(一)
 ・ 四カ条の締めあい

 今年に稽古した動作・技を総復習のため、すごいスピードで仕手受け交代。来年の目標を各自が確認できたと思います。私の個人的な目標は「呼吸投げのキレをよくする」ことです。稽古始めは1/10です。来年の皇龍会の稽古テーマは「基本に忠実」です。
スポンサーサイト
  1. 稽古内容
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

 本部道場の稽古納め・納会に参加してきました。始まる前に、東久留米の青木道場長にご挨拶を済ませる。
 稽古納めとあって参加者で本部道場がいっぱいいっぱい。構え・前進・斜行・回転を再度確認しました。皇龍会で準備運動として実施していることをやりました。二ヶ条・三カ条・四カ条の締め方をおさらいしました。二カ条がうまく極まると、なぜか笑みがこぼれますね。明学の菊池君や石崎君に稽古の相手をしてもらいました。
 納会は0次会から3次会まで参加しました。錬身会の木下会長、群馬杉武館の杉本道場長に飲む前にご挨拶を済ませる。明学・上智の学生に絡んで、坪井さん・池本さん・鹿島さんなど諸先輩方にも絡んでしまいました(涙)さらなる精進をみなさんに誓ってきました。
  1. 稽古内容
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

 年明けは大阪に行ってきます。ウクライナにも行く予定ですが、外務省の渡航注意マップで黄色になってるのでどうしようか迷いますね。

全員
 ・ 合気道準備運動
 ・ 構え
 ・ 臂力の養成(一)(二)
 ・ 6〜4級審査技

 今日は改めて構えを説明しました。構えの稽古は呼吸力を養う一番の稽古法です。
  1. 稽古内容
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

 植芝盛平先生が興した合気道を塩田剛三、藤平光一、富木謙治、斎藤守弘、植芝吉祥丸、遠藤征四郎などが受け継ぎました。塩田剛三先生の養神館合気道を井上強一、竹野高文、千田務、安藤毎夫、千野進などが受け継ぎました。各氏がそれぞれの師から受け継いだものは師のすべてでないはずです。それぞれのオリジナルがあるはずです。我々、それをさらに受け継ごうとするものは各先生方の言わんとすべき教えを、流派を越えて学ぶことで開祖植芝先生の合気道が見えてきます。

 私たちは錬身会所属ですから、千田先生の技・教えを受け継ごうとすることはもちろんです。いろいろな視点から合気道を見ることで本来のあるべき姿が見えてくるはずです。ですから、皇龍会では、7の素振りや31の杖を稽古に取り入れます。

 審査で、武器術に配点はありません。まずは体術を身に付けることを目標にしてください。ただ、さらに、合気道を求めるなら武器術は必須です。徐々に、進めていきましょう。

31の杖


  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

 午前中は本部直轄の鷺ノ宮道場で有段審査を受け、ダッシュで茨城に帰り本日の稽古です。少し疲れました。

全員
 ・ 合気道準備運動
 ・ 体の変更(一)(二)
 ・ 片手持ち側面入り身投げ(一)(二)
 ・ 片手持ち正面入り身投げ(一)
 ・ 正面打ち自由技(基本の4本)
 ・ 座り技両手持ち呼吸法(一)

 今日は体の変更を中心に稽古しました。基本動作と関連基本技を続けてやることで、理合いの理解が進むと思います。

来年より皇龍会で昇級審査を実施します。以下のようにします。
 ・ 各自で受験するかどうか決めてください。
 ・ 入会時にご案内の出席基準は受験資格の有無ではなく、審査の採点に考慮することとする。
 ・ 錬身会の審査科目に則り、実施する。
   3級以上の審査科目に武器術(短刀・剣・杖)を追加するが、合否に関係しない。
  1. 稽古内容
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

 先週に続き、出席者1名。2カ月ぶりの参加でしたので、うれしい限りです。続けるとことに意味があるんですよ。休んでいた時も大学の畳部屋で受け身の練習していたようです。周りからは変な奴と思われるかもしれませんが(笑)

全員
 ・ 体の変更(一)(二)
 ・ 6級審査技
 ・ 正面打ち小手返し(二)
 ・ 横面打ち正面入り身投げ(二)
 ・ 座り技両手持ち呼吸法(一)
 ・ 正面打ち自由技(基本の4本)

自由技を始めるとき、最初に基本の4本を覚えます。左半身に構えてスタートです。

  1本目 三カ条投げ   (外よけ) 投げ終わると左半身   ←
  2本目 隅落とし     (外よけ) 投げ終わると右半身    ↑
  3本目 四方投げ崩し  (内よけ) 投げ終わると右半身   ↑
  4本目 肘当て呼吸投げ(内よけ) 投げ終わると左半身  →↑

基本の4本を繰り返せば、一応自由技は形になります。また、この4本を繰り返し稽古することで体捌きを身に付けます。
  1. 稽古内容
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

 

プロフィール

代表

Author:代表
龍ヶ崎市の柔道場で合気道の稽古をしています。稽古内容を記録し、稽古予定を連絡します。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2015 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -