寒暖の変化で体調を崩した方や中間レポートに追われる学生が欠席のため、本日出席者1名(涙)近隣の大学や公共施設に会員募集の張り紙をする予定です。出席者が10人くらいで安定するように努めます。

全員
 ・ 基本動作(単独)
 ・ 4級審査技
 ・ 横面打ち四方投げ(一)
 ・ 肩持ち一カ条抑え(一)(二)
 ・ 座り技両手持ち呼吸法(一)

 持ち手の技は持たれた箇所、打ち手の技は打った・打たれた接点を利用して、捌き・崩し・投げor抑えを行います。今日は肩持ちをやりましたが、肩の操作で受けの肘肩を操作します。肩の操作は、平易に言えば「凹ます・包み込む・押し出す」の3点です。繊細な操作となるので難しいと感じますが、意識して稽古を行えば上達も早いでしょう。

横面打ち四方投げ(一)
① 横面を受け流し、180度回転する。
② 前足を横に開き、さらに受け流す。
③ 前進し、臂力の養成(一)の要領で振りかぶる。
④ 重心移動し、受けの腕を肩口に織り込む。
⑤ 前進し投げる。(小指側に意識を集中する)



 本来、合気道の技は一挙動ですが、養神館系は細切れにし分かりやすくしています。ただ、植芝先生の技を見ると技に切れ目がありません。今日は四方投げを一挙動でやって見せましたが、基本技ができてこその本来の技となります。日頃の稽古はあくまで「基本に忠実」ですよ。
スポンサーサイト
  1. 稽古内容
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

 今年なってから講習会に参加するようになりましたが、何回目だった忘れました(笑)

今回のテーマ:「自由技」

 講習会で自由技とは珍しいと先輩方がおっしゃっていました。ただ、自由技が不自由技になりがちです。私も「あの技をやろう・次はあれをやろう」と考えているときがあります。それではダメなんですよ。体勝手に動く、相手の動きで施す技が自然と決まる、これが自由技の本質だと思います。
 自由技の稽古を本格的に行うのは1級取得してからかなと思います。当分の間は投げ技の形を覚えることに集中しましょう。
  1. 稽古内容
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

つくばマラソンで市内が通行止めのため、かなり遠回りして体育館に到着。

全員
 ・ 合気道準備運動
 ・ 終末動作(一)(二)
 ・ 片手持ち四方投げ(一)(二)
 ・ 正面打ち四カ条抑え(二)
 ・ 正面打ち小手返し(二)
 ・ 座り技両手持ち呼吸法(一)(二)

 四カ条を中心に稽古しました。四カ条の締め方は何回か説明しているので、今回は割愛します。呼吸法(二)は受けが押してきます。受けは常に押さなければなりません。仕手の振りかぶりに合わせて押す方向を変えます。本来、仕手がそう誘導するのだが、最初はお互い息を合わせて行います。

座り技両手持ち呼吸法(二)


  1. 稽古内容
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

 稽古時間になると雨も止み、ちょうどいい気温になりました。

全員
 ・ 構え
 ・ 体の変更(一)(二)
 ・ 片手持ち側面入り身投げ(一)(二)
 ・ 正面打ち小手返し(二)
 ・ 座り技両手持ち呼吸法(一)

 今日から第一基本技に戻ります。
 呼吸法とは呼吸力を養うための稽古方法と言われます。ですから、相手を抑える・投げるといった技とは別物です。仕手受け共に相手と息を合わせて行います。呼吸法(一)の場合、受けが引いてくるのに合わせて振りかぶります。受けが浮いてくるのに合わせて、爪立ちます。受けが動いていないのに、自分だけが爪立っても呼吸法にはなりません。呼吸法は何か物足りないと感じるくらいがちょうどいいのです。受けを上げてやってぜという感覚がないのが正解でしょう。
 最後に、かたまりを作り壊さずに受けを崩すのをやって見せました。あれができるようになるとスムーズに二カ条や小手返しが極まるようになります。

座り技両手持ち呼吸法(一)




道場長の稽古
 今週は創和会(2時間ほど)の稽古に参加してきました。私も来月有段審査がありますので、審査技を中心に稽古をしました。規定技の「後技両手持ち小手返し(二)・肘持ち二カ条抑え(一)」をやり、互いに技を出し合い指定技を練習しました。自由技は捌きを中心に実際には投げませんでしたが、一通りおさらいできました。短刀取りと剣取り自由技は稽古不足だったので、念入りに確認・練習しました。来週も出稽古に行く予定です。
  1. 稽古内容
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

 雨が降っているためか一段と寒く感じました。

全員
 ・ 体幹トレーニング
 ・ 臂力の養成(一)(二)(相対)
 ・ 後技両手持ち一カ条抑え(一)
 ・ 肩持ち一カ条抑え(一)
 ・ 後ろ両手持ち自由技(捌きのみ)

 本日は筑波総合体育館で稽古しました。畳敷きがある分稽古時間が短かったかもしれません。
2週連続で昇級技をやりましたが、来週からは第一基本技の稽古に戻ります。特に、まだ稽古回数の
少ない技(入り身投げ・呼吸法など)を重点的に行います。
  1. 稽古内容
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

 今回で3回目の参加となります。月光流の方や養神館の方が参加されており、また人の輪が広がりました。
 今回のテーマは呼吸力ということで、合気道の本質的な部分の稽古でした。呼吸力とは何か、どういう稽古の中で養成するのかを再確認できました。特に、本来の基本動作(臂力の養成)の補助動作を学び、中心力の大切さを実感しました。

伊東先生の自由技


  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

 急に肌寒くなってきました。季節の変わり目は怪我をしやすいので、しっかり準備体操を行いましょう。

本日のテーマ:「四カ条の締め方」

全員
 ・ 合気道準備運動
 ・ 正面打ち四カ条抑え(一)(二)
 ・ 四カ条の締めあい
 ・ 後技両手持ち一カ条抑え(一)

 今日の稽古は四カ条が中心でしたので、明日青あざになるのは確実です(笑)
四カ条を締めるとき、「人差し指の付け根に集中して」という説明を受けると思います。
これは、ほかの指やもう一方の腕に力を入れないという意味も含みます。いくら人差し指の
付け根に集中してももう一方の手で力いっぱい持っていては力が分散します。
また、四カ条を持とうとして、自分の手首を曲げることはNGです。今日やったとおり、とても
弱い四カ条になってしまいます。いくつかのポイントに注意して四カ条の練習をしてください。
私は学生のころ、電車の金属棒に四カ条をかけて鍛えたものです(笑)

 最後の20分くらいで後技の大まかな動きを説明・練習しました。3級になるのに、後技は
不可欠です。来週もまた後技の練習時間を設けますので、今日休んだ人も安心してくださいね。

来週のテーマ:「入り身の原理と投げ方」


  1. 稽古内容
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

 

プロフィール

代表

Author:代表
龍ヶ崎市の柔道場で合気道の稽古をしています。稽古内容を記録し、稽古予定を連絡します。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2015 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -