今日の稽古は出席者ゼロ(笑)
見学者がある可能性があるので、道場長のみ道場へ。

道場長の単独稽古
 ・ 基本動作を一通りやる。
 ・ 基本技150本を単独で行う。
 ・ 自由技をイメトレする。
 ・ 久しぶりに木剣を振る。

結局、見学者も来ず(笑)
来週は通常の稽古をやりたいですね。
スポンサーサイト
  1. 稽古内容
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

錬身会本部所属の方1名が見学・体験に来られました。
ぜひ入会していただきたいものです。

初心者
 ・ 合気道準備運動
 ・ 臂力の養成(一)(二)(相対)
 ・ 体の変更(一)(二)(相対)
 ・ 片手持ち二カ条抑え(一)
 ・ 正面打ち一カ条投げ

道場長の稽古
本部道場にて金曜20時から1コマ、土曜7時から2コマ稽古してまいりました。
金曜は両手持ち四方投げ、土曜は片手持ち二ヶ条抑え・横面打ち小手返しでした。
金曜は先輩方と多数取りの捌きを稽古いたしました。
有段者は次のステップに行くのに多数取りは避けられません。
さらに、稽古を積んで次へ向かいます。
  1. 稽古内容
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

初心者
 ・ 合気道準備運動
 ・ 臂力の養成(一)(二)(相対)
 ・ 体の変更(一)(二)(相対)
 ・ 片手持ち二カ条抑え(一)(二)
 ・ 横面打ち正面入り身投げ(二)
 ・ 正面打ち一ヶ条投げ

片手持ち二ヶ条抑え(二)の簡単な説明
① 逆半身で構え、上の手をつかみ押す。
② 前足を畳の半分横に、後ろ足を畳の4分の1横に移動し、力を受け流す。
②’ ②と同時に、手のひらを地面に向け力を流し、もう1つの手で当て身を入れる。
③ 窓ガラスを拭くように、手を振り二ヶ条を持つ。
③’ ③と同時に、後ろ足を45度回転する。
 ※ 二ヶ条を持つとき、小指を受けの手首にしっかりかける
④ 前進し、剣を振り下ろすように二ヶ条を締める。
⑤ 二ヶ条を緩めないように、気持ちを前に出しながら180度回転し、受けの肘を返す
⑥ 重心移動して受けを潰す。
⑦ 受けの手を肘ではさみ道着を持つ。もう一方の手を受けの肘に当てがい、腰を切り抑える。




  1. 稽古内容
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

本日の稽古はビジター参加者がありました。

初心者
 ・ 合気道準備運動
 ・ 臂力の養成(一)(二)(相対)
 ・ 座り技両手持ち呼吸法(一)
 ・ 両手持ち天地投げ(二)
 ・ 正面打ち小手返し(二)
 ・ 座り技正面打ち一カ条抑え(二)
 ・ 横面打ち呼吸投げ

上級者
 ・ 後技両手持ち小手返し(二)
 ・ 肩持ち自由技
 ・ 後両手持ち自由技
 ・ 実践即応技(蹴り・首絞め・ヘッドロック)


  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

本日は皇龍会の稽古はありませんでした。

道場長の稽古
本部道場にて、先週と同じく金曜20時から1コマ、土曜7時から2コマ稽古してきました。
金曜は後両肘持ち三カ条と側面入り身投げ、土曜は肘締めと肘あて呼吸投げでした。
後技は体の使い方を学ぶためであって、「本来後ろをとられてはいけない」ことは武道共通です。
肘締めは仕手が締めた感じもないし、受けは肘を痛めるかもしれないというお互いにあまり楽しくないかもしれない。
しかし、「相手を締めた・投げたという次元で止まっていては本当の合気道は修められない。」という旨の言葉を剛三先生も残しておられます。
初心者は特に相手を倒すことが楽しいと感じていることが多いが、それはそれで構いません。
徐々に、合気道の本質に近づけたらと思います。
  1. 稽古内容
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

初心者
 ・ 合気道準備運動
 ・ 基本動作
 ・ 片手持ち四方投げ(一)(二)
 ・ 両手持ち天地投げ(一)
 ・ 両手持ち四方投げ(一)
 ・ 座り技両手持ち呼吸法(一)

両手持ち天地投げ(一)の簡単な説明
① 足の動き
  ・ 両手を引かれるのに合わせて、後ろ足から円を描くように受けの後ろ足のところまで移動する
  ・ 前足は45度方向に振る
    上記の動きによって、構えの前後足が逆になる 
② 手の操作
  ・ 構えの上の手の平で受けの脈部をさするようにして、受けの脇へ振りかぶる(臂力の養成の要領で)
  ・ 構えの下の手は受けの肩を中心に腕で円を描くようにする
     → この時、受けを引きすぎるとつながりが切れるし、半径が小さいを受けへの影響はないので注意!
①と②の動作をすべて同時に行う。
③ 後ろ足から受けの後方に前進して投げる。
    → この時、親指が下に向くように手の平を返す。また、残心を忘れずに

天地投げは形で倒す技ですので、形を正しく覚えよう。
最初はまったく効かない技でもどかしいかもしれませんが気長に頑張ってください。

 

  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

初心者
 ・ 合気道準備運動
 ・ 正面打ち三カ条抑え(一)(二)
 ・ 正面打ち一カ条抑え(一) 
 ・ 座り技正面打一カ条抑え(二)
 ・ 座り技両手持ち呼吸法(一) 
 ・ 片手持ち四方投げ(一)(二)
 ・ 肩持ち自由技の受け

道場長の稽古
本部道場にて金曜20時から1コマ、土曜7時から2コマ稽古してまいりました。
自由技の受けをとる機会が少なくなっているので、先輩方の受けをととらせていただきました。
受けをとるというのは簡単なことではありません。
合気道は相手を倒せばいいというものではないため、受けが仕手に合わせ仕手も受けに合わせます。
つまり、相手の動きを正しく理解してこそ技を施せるのです。そのことを再確認できました。 
  1. 未分類
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

 

プロフィール

代表

Author:代表
龍ヶ崎市の柔道場で合気道の稽古をしています。稽古内容を記録し、稽古予定を連絡します。

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2015 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -