昨日に続いて、35度超え。

稽古内容
 ・ 基本動作
 ・ 木刀1の素振り
 ・ 木刀4の素振り
 ・ 両手持ち天地投げ(一)(二)
 ・ 両手持ち正面入り身投げ(一)(二)

研修稽古
 ・ 審査稽古(昇段)

 両手を持たれるのは、本来最悪の状況です。人間は困った状況では手で何かしようとします。それを封じられる訳ですから、一般人はどうしようもなく暴れるだけでしょう。他武道にも両手持ちというのは、あまりない状況でしょう。合気道はあらゆる状況を想定して稽古します。鳩尾を突かれるなど一般に想定されることから、後ろから両手を持たれるなど特殊な状況まで、稽古します。特殊な状況を想定して稽古することは一見意味ないように見えて、いざという時に動じない心を養うことが出来ます。いろんな技をやる中で、どんな状況にも臆さない精神を養うことこそ、最大の護身術だと考えています。
スポンサーサイト
  1. 稽古内容
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

35度の猛暑日ですので、終日クーラーをつけて稽古しました。向こう一週間、こんな天気が続くようですので、体調に気をつけてくださいね。

少年団稽古
 ・ 基本動作
 ・ 終末動作(二)
 ・ 後方受け身(40回)
 ・ 片手持ち四方投げ(二)

一般稽古
 ・ 基本動作
 ・ 後方受け身(30回)
 ・ 四カ条の締め方
色帯
 ・ 横面打ち四カ条抑え(一)(二)
 ・ 横面打ち、片手持ち自由技
白帯
 ・ 正面打ち一カ条抑え(一)(二)

 四カ条は、人差し指の付け根に力を集中して、受けの脈部を圧迫して激痛を与え抑える技です。ただ、激痛を与えるようと減り込ませるだけでは効きません。力を肘肩へ流し、体全体をコントロールすることを心掛けましょう。私は大学に通う電車で、金属の手すりに四カ条をかけて、威力を出す練習をしてました(笑
  1. 稽古内容
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

西日本は凄い豪雨で、大変なことになっていますが、東日本の茨城は、真夏日で雲も真っ白で綺麗。集中豪雨で被災し亡くなった方に哀悼の意を表します。

稽古内容
 ・ 基本動作
 ・ 木刀6、7の素振り
 ・ 座り技両手持ち呼吸法(一)

 白帯
 ・ 正面打ち一カ条抑え(一)(二)

 色帯
 ・ 正面打ち三カ条抑え(一)(二)
 ・ 肩持ち三カ条抑え(一)

研修稽古
 ・ 審査稽古(昇段)

 呼吸法とは、呼吸力を養うための稽古方法です。呼吸力とは、相手との関わり合いの中で発揮される集中力です。集中力とは、構えのように力を一つにまとめる中心力です。呼吸法は、投げ技でもなく抑え技でもありませんので、仕手受けがより一層気持ちを合わせて、受けは純粋に引いたり押したりして、仕手はその力を感じ、上手く誘導して崩します。呼吸力は体全体から発揮されるもので、ただの腕力ではありませんので、腕の力は極力抜くようにします。呼吸力のある技が、本来の合気道の技です。出来る限り言葉で説明をしますが、感覚的に身につける必要があるので、稽古を重ねてください。
  1. 稽古内容
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

七夕でしすね。おり彦とひこ星は再会できたのかな。

少年団稽古
 ・ 後方受け身(40回)
 ・ 基本動作
 ・ 膝行法
 ・ 前進、回転
 ・ 正面打ち一カ条抑え(一)

一般稽古
 ・ 基本動作
 ・ 前方回転受け身(30回)
 ・ 正面打ち小手返し(一)(二)
一級取得者
 ・ 片手持ち小手返し(一)

 小手返しは、文字通り「小手を返して、投げる技」です。しかし、小手をひねったり、ねじったりするわけではありません。小手を返し、それを固定して、前進または回転で投げます。手首の柔らかい人に対して、ひねっても効きません。固定することを意識することで、思わぬ威力を発揮します。その点を意識して、今後「小手返し」を練習して見てください。師範や指導員のような軽やかな小手返しが出来るようになりますよ。
  1. 稽古内容
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

まさかの35℃の真夏日。この調子で晴れると、8月は水不足になっちゃいますね。

稽古内容
・基本動作
・4の素振り
・終末動作(木剣)
・横面打ち正面入り身投げ(一)(二)
・正面打ち小手返し(二)

研修稽古
・審査稽古(昇段)

合気剣・合気杖の型をまとめ、発展させたのは斎藤守弘先生(合気会茨城道場長)です。植芝盛平先生より、唯一武器術の免状を発行することを許された師範でした。我々が昨年から練習している剣の素振りも斎藤先生作です。他流だから、全く違うことをやっているわけではありません。合気道の目指すべきものや技の極みは同じです。ただ、そのプロセスが違うだけです。富士山を静岡側から登るか、山梨側登るかの違いしかないのです。スタート地点は他のスタート地点の人が見えませんが、頂上に近づくごとに徐々に周りが見え合流して、いずれゴールに達します。ただ、基本がなってない人が他流の技との違いを意識し過ぎると、富士山3合目を一周しているだけで、前に進みません。まずは自分の習っているものを最低黒帯になるくらいは稽古してから、他流の研究をすると飛躍するかもしれませんね。
  1. 稽古内容
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

もう梅雨明けということで、強い日差しと暑さのため、急遽からクーラーをつけました。熱中症にならないように、水分と塩分をとりましょう。

少年団稽古
 ・ 後方受け身(40回)
 ・ 膝行(2周)
 ・ 構え(左右1分)
 ・ 基本動作
 ・ 正面打ち一カ条抑え(一)
 ・ 前方回転受け身

一般稽古
 ・ 体の変更(二)
 ・ 肩持ち側面入り身投げ(一)(二)
 ・ 後技両手持ち三カ条抑え(一)(二)
 ・ 座り技両手持ち呼吸法(二)

体の変更は、「受けが引いたり押したりしてくる力を流す稽古」です。つまり、受けの力とぶつかってはいけませんし、力で引っ張り返してもいけません。受けの力を流すことのできる道筋を腕で感じ取り、逆らわずに丸く前進や回転してください。言うのは簡単で、やるのは難しいと思いますが、いつか出来るようになると信じて稽古してください。
「自分を信じられない奴に努力する価値はない」byマイト・ガイ(NARUTO)
  1. 稽古内容
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

審査合格おめでとうございます。懇親会は少々語りすぎましたね(笑

稽古内容
 ・ 基本動作
 ・ 後方受け身(40回)
 ・ 終末動作(一)(徒手・木剣)
 ・ 3の素振り
 ・ 両手持ち四方投げ(一)(二)
 ・ 正面打ち四方投げ

研修稽古
 ・ 審査稽古(昇段)

四方投げは本来必殺技です。正しい受けを覚えなければ、肘を壊したり頭を強打して、下手すると死んでしまいます。まずは受けを真剣に練習してください。開祖植芝盛平先生は、「四方投げだけを稽古しておけばいい」と仰っていたそうです。どういう意味かは自分で考えてみると面白いでしょう。
  1. 稽古内容
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

晴れたり雨降ったり、梅雨なのかはっきりしない天気が続きますね。

稽古内容
 ・ 基本動作
 ・ 体の変更(一)
 ・ 正面打ち肘当て呼吸投げ(一)(二)
 ・ 片手持ち肘当て呼吸投げ(一)(二)

2級以上取得者
 ・ 片手持ち自由技(基本の4本)

肘当て呼吸投げの「当て」とは、「当てる」ではなく「当てがう」という意味です。決して、肘を叩いたり押したりしない。
  1. 稽古内容
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

今日から木刀を使った稽古を再開しました。来週以降の日曜は木刀を忘れずに持ってきてください。

稽古内容
 ・ 基本動作
 ・ 臂力の養成(一)(木刀)

 1級取得者
 ・ 審査稽古(両手・正面突き自由技を含む)

 その他
 ・ 各種二カ条の締め方(片手、片手綾、肩)
 ・ 片手持ち二カ条抑え(一)(二)

 木刀を使った素振りはなぜ稽古するのか?合気道は体術ではないのか?という疑問があるかと思います。合気柔術は剣術と密接に関係していますので、その体の使い方を身に付けるために剣を振ります。剣で人や物を切るためではありません。
 四方投げや二カ条などの基本技の多くに共通する体の使い方・力のまとめ方を学んでいきましょう。
  1. 稽古内容
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

梅雨入りしたのに、あまり雨が降りませんね。日中は暑くもなく寒くもなく、稽古に最適な室温です。

稽古内容
 ・ 臂力の養成
 ・ 片手持ち四カ条抑え(一)

 1級取得者 審査稽古

 その他
 ・ 横面打ち一カ条抑え(一)(二)
 ・ 横面打ち四カ条抑え(一)

今年の皇龍会のテーマは「横面打ち」です。横面の技を多めに稽古したいと思います。
  1. 稽古内容
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>